五島市でおたふくかぜが流行しています。

秋も深まって朝晩は肌寒く感じるようになりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
五島市ではおたふくかぜ(流行性耳下腺炎)の発生が増加し警報値を超えたため、保健所より注意するように呼びかけがあっております。ウイルス性の疾患で、くしゃみのしぶき(飛沫感染)や手などの皮膚の接触(接触感染)にて伝染しますので、マスクを着用する、タオルなどの共用を避けるなどの予防策が有効とされています。感染した場合には2〜3週間の潜伏期を経た後に耳下腺の腫脹や圧痛、嚥下痛(物を飲み込む時に痛い)、発熱などで発病します。多くの場合、1週間程度で軽快しますが、髄膜炎、睾丸炎、卵巣炎、膵炎などを合併することがあるので注意が必要です。インフルエンザとは異なり、特効薬はありませんので、解熱鎮痛剤や二次感染予防のための抗生剤などの対症療法となります。予防にはワクチンが有用とされていますが、現在のところおたふくかぜのワクチンは定期接種にはなっておりません。以前大流行していた麻疹(はしか)、風疹、水痘(水ぼうそう)などは、ワクチンの定期接種にて流行がおさえられており、おたふくかぜのワクチンも定期接種化が望まれるところです。
先日、福江まつりがありました。写真はその時のねぶたです。
10/23には、佐世保にいる旧友と三井楽まで行きました。柏崎の辞本涯の碑まで足を伸ばしましたが、その日は台風並みの猛烈な風が吹いていました。(このような天気であったらきっと遣唐使船は出航できなかったでしょう。)
image
imageimage
image
image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です