五島市で風疹患者の発生がありました。

今回、2018年10月5日に五島保健所へ、五島市の医療機関から風疹の発生届けがあったようです。長崎県内での風疹発生届けは今年初めてのようです。
妊娠20週頃までの妊婦が風疹に感染すると、子供に難聴、白内障、心疾患などの先天障害を発症することがあります。風疹の予防には予防接種が有効ですが、妊娠中の女性は予防接種を受けられないため、抗体を持たない又は抗体価の低い妊婦は、可能な限り人混みを避け、不要な外出は控えるようにして下さい。周囲の人で予防接種を受けていない場合や、抗体価が低い場合には、予防接種を受けることを御検討ください。

インフルエンザ予防接種を10/15(月)より開始します。

インフルエンザについてですが、9月になって他県では既に発生が報告されています。当院では10/15(月)より、予防接種を開始することにしました。当院で希望される方は、電話か直接受付でお申し込みください。
{大人:3500円, 13歳未満の子供:2500円(子供は2回接種が必要で、1回あたりの費用です)}
{五島市に住民票を有する65歳以上の方・60歳以上65歳未満であっても心臓や肺などに特定の疾患を有している方:1200円}
{五島市に住民票を有する小学校就学前の乳幼児:600円(2回接種が必要で、1回あたりの費用です)}

喘息診断のための、呼気一酸化窒素測定器(呼気NO)を導入しました。

10月に入り朝晩が冷え込むようになってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
昼と夜の気温差が大きくなり、最近、喘息の患者さんが多くなってきました。風邪などの感染症を契機に悪化しやすいですので、喘息の既往のある方は風邪をひかないように十分お気を付けください。
最近当院では、喘息の診断のための呼気一酸化窒素測定器(呼気NO)を導入しました。咳が長く方の中には(特に夜間や明け方)、咳喘息の方が多く、そのような場合にはこの呼気NO測定が診断に有用です。具体的には、専用の機器に10秒程度息を吹き込んでもらい、呼気の一酸化窒素を測定することで、喘息の原因となっている気道の好酸球性炎症の有無を調べます。この呼気NOの値が高ければ、好酸球性炎症(アレルギー性炎症)が強く、喘息の可能性が高いと判断します。感染症による炎症(好中球性)と速やかに鑑別ができ、早期に喘息の治療を開始できることで、速やかな咳の改善につながります。咳が長く続いてお困りの方は、ご相談ください。
先日、佐賀県の山に、漢方を学んでいる栗山一道先生や同僚と登ってきました。山野草がきれいでした。



最上段はアケボノソウとマツムシソウ
中段はミズヒキソウ
下段はトリカブト

年1回は健診を受けることをお勧めします。

 5月も下旬となり過ごしやすい季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
 すでにH29年度の特定健診やがん検診がはじまっており、当院でも特定健診、前立腺がん検診、大腸がん検診、胃がんリスク検診(ABC検診)を受けることが可能です。元々専門は呼吸器なので、肺がん検診ができたらよかったのですが、肺がん検診は医師2人以上でのチェックが必要なため残念ながら当院では行うことができません。
 特に定期的な通院をされていない方は、特定健診やがん検診を受けることをお勧めします。
今年もバラがきれいに咲きました。(赤はレオナルドダビンチ、ピンクはピエールドロンサールという種類です)
青のクレマチスも咲きました。
IMG_3005IMG_2991IMG_2981IMG_2966

禁煙に取り組んでみませんか。

桜が咲き終わり、過ごしやすい季節となりましたがいかがお過ごしでしょうか。
当院では2月、3月がインフルエンザにて慌ただしかったですが、それも終息に向かい、一段落しております。
新年度となり、禁煙を考えている方もおられるのではないかと思います。喫煙は肺気腫や気管支炎、肺癌の原因となり、喫煙を継続することで、咳、息切れ、体重減少、体動困難などをきたすリスクが高まります。当院では禁煙外来を行なっておりますので、お気軽にご相談ください。
桜以降も、庭の花木が次々と花を咲かせています。
IMG_2898
IMG_2900IMG_2904IMG_2908